人あたりの良さがキーポイント!大阪で風俗嬢として成功しよう!

黄色い水着を着ている女性

ちょんの間はかつて岡場所だった

ソープランドの元をたどって行くと江戸時代の遊郭になるそうだ。江戸幕府が公式に認めた風俗街でもあるから、そこで働く女性達はそれなりに身分は高いと言えるだろう。対して公認されていない女性達を私娼と言う。この人達は遊廓とは別の場所で男性の相手をしてお金を稼いでいた。遊郭で無ければ何と言う所だろうか?それは岡場所である。
何故この言い方をするのかに関しては私は分からない。ただ、岡場所は現在どうなっているかに関しては説明する事が出来る。「ちょんの間」という言葉を聞いた事があるだろうか?これがかつての岡場所の名残なのである。ちなみに岡場所の全てがちょんの間になった訳ではなく、他のあらゆる風俗業に分散した事は理解しておいてもらいたい。
ちょんの間の特徴としては本番店であるという事に加えて、プレイ時間の短さが挙げられる。10分とか20分。その程度の時間しかない。しかもその割に料金は高めの設定なので、そうそう利用する事は出来ない。派手な広告も出していないため女性も集まりにくいが、それでもネットの影響だろうか短期間でソープより稼げるこの、ちょんの間にここ数年若く美しい日本人の女性達が急速に集まって来ているという。