人あたりの良さがキーポイント!大阪で風俗嬢として成功しよう!

黄色い水着を着ている女性

日本の性風俗はこうして成長した

日本で性風俗が多くなったと言われているのは戦後の話ですが、実際には江戸時代からそのような仕組みはあったとされています。戦争が終わるまでは店舗としての形は殆ど無い状態で、事実上そのようなサービスがあったと言われている程度でした。昔は本番行為も自由に行えるようになっていたので、風俗というよりも売春に近かったのです。
戦後になると売春風俗防止法という法律が施行されるようになり、風俗は監視されるようになりました。しかし警察も黙認するような状態が生まれてしまったので、現在のソープランドのようなお店はどんどん増えていったのです。これによって風俗というのは大きく変わっていったのです。また大きなイベントの際には風俗が無ければならないと言われ、オリンピックなどのイベントを通じて風俗の規模が大きくなったと言われています。
素人の人が風俗で働けるようになったのは1980年代で、それ以前は特定の人に限られていました。現在の形が生まれたのも80年代となっていますが、デリヘルが登場したのはこの後の90年代に入ります。2000年にはほぼ今と同じような形が出来て、徐々に風俗は様変わりしつつあります。色々なことを重ねるうちに成長してきた風俗は、今でも大衆娯楽として必要なものとなっています。